日経225先物に付いて

さて、最近日本でも貯蓄から投資へという雰囲気が強くなってきていますよね。

実際にオンライントレードというものが開始されてから、これまで投資をしたことがなかった人も、投資を始めてみたりする人がでてきていますよね。

しかも、その中にはオンライントレードで1年で1千万や1億以上稼ぐ人もでてきました。

まさに、今日本では投資というものほどチャンスが多いものはないんですよね。

そこで、自分も投資をやってみたい!オンライントレードをやってみたいと思ったのではないでしょうか。

とはいえ、投資といってもいろいろありますよね。

債権といった値動きが少ないものから、商品先物といったハイリスクハイリターンな物まで色々あります。

その中で、私がオススメしたいのは、やはり日経225先物取引です。

日経225先物取引はその名のとおり先物取引なので、ハイリスクハイリターンです。

ですが、商品先物がファンドによる市場操作をされる恐れが高いのに対して、日経225先物はそのリスクが少ないんですよね。

なぜかというと、日経225先物の価格が連動するものは日経平均株価というものなのですが、この日経平均株価というのはご存知のとおり、日本の株式市場を代表する株価指数ですよね。

当然ながら、市場はめちゃくちゃ大きいです。

なので、これを操作するということは、日本の株式市場全体を操作するのに近いんですよね。

当然ながらそれはファンドでは不可能なことです。

そのため、市場の透明性、公平性というものから考えると、日経225先物はかなりオススメです。

とはいえ、日経225先物ってどんな取引をするの?
どうやってトレードを始めればいいの?

そういう疑問がありますよね。

そこで、今回、日経225先物がどんなものかを解説とトレードが出来るまでの筋道をお伝えします。

日経225先物とはどんな投資商品なのか

まず、日経225先物取引がどのようなものからかお話していきます。

まず、日経225先物はラージとミニと呼ばれるものがあります。

ラージは日経225先物価格の1000倍が1単位、ミニは100倍が1単位の取引をします。

つまり、日経225先物が一つ13000円なら、ラージは1単位1300万、ミニなら130万円の取引をすることになります。

じゃあ、実際にそれだけのお金をこちらも用意する必要があるのかというと、ここが日経225先物取引のいいところで、20から30分の1のお金があれば取引が出来るんですよ。

つまり、先ほどの例で行くと、ラージなら45万円あれば、日経225先物ラージが1単位トレードできます。

ミニならもっと少なくてすみますよね。

このように小額のお金にレバレッジを利かせ、その何十倍もの取引を可能とすることで、大きな利益を狙うことが出来ます。

これは株式投資にはない大きなメリットですね。

ただし、利益が何倍のなる分、損も何倍もなるので、資金管理は注意が必要です。

ですが、それさえしっかりできれば、これほど大きなチャンスが転がっている投資商品もなかなかないですね。

次に、この日経225先物取引のトレードの仕方なのですが、売りからでも買いからでもトレードできるのがポイントです。

株式投資だと、下げ相場ではあまり利益を狙えませんが、日経225先物では下げ相場では売りでエントリーをすることで大きな利益を狙うことが出来ます。

この上げ下げ両方の局面で利益を狙いにいけるというものメリットの一つですね。

日経225先物取引で知っておきたい制度

日経225先物取引で注意するべきこととして、値幅制限とサーキットブレイカー制度というものがあります。

値幅制限とは基準値段を基に予め設定されたその日の最大更新値幅のことで、ストップ高・ストップ安の幅のことです。

日経225先物の場合、前日の日経225先物取引の終値または清算数値を基に設定します。

サーキットブレイカー制度とは先物価格が、基準値段から以下の区分により定める変動幅を超えて上昇(又は下落)し、
かつ理論価格を以下の区分により定める乖離幅を超えて上回っている(又は下回っている)場合に15分間中断します。

ただし、1日1回のみで、14時45分は行いません。

具体的な基準などは以下のようになっています。

基準値段       値幅
12,500円未満        上下2,000円
12,500円以上17,500円未満 上下3,000円
17,500円以上22,500円未満 上下4,000円
22,500円以上27,500円未満 上下5,000円
27,500円以上32,500円未満 上下6,000円
32,500円以上37,500円未満 上下7,000円
37,500円以上42,500円未満 上下8,000円
42,500円以上        上下9,000円

サーキットブレイカー
基準値段    変動幅  乖離幅
12,500円未満         1,000円 200円
12,500円以上 17,500円未満 1,500円 300円
17,500円以上 22,500円未満 2,000円 400円
22,500円以上 27,500円未満 2,500円 500円
27,500円以上 32,500円未満 3,000円 600円
32,500円以上 37,500円未満 3,500円 700円
37,500円以上 42,500円未満 4,000円 800円
42,500円以上 4,500円 900円

となっております。

まあ、めったにおこらないですが、一応こういう制度があるということを頭において置いてください。

日経225先物をトレードするために何を見るのか

日経225先物をトレードする場合、まずスタンスとしては短期売買で行くべきですね。

あまり1年といった長期保有をするにはレバレッジが高いためリスクが高いです。

出来る限り、その日で取引を終了させるデイトレードでトレードされることをオススメします。

時間がそれを許さない場合は、数日間保有して売買をするスイングトレードをされることをオススメします。

で、トレードをする場合に何を注意してみればよいのか。

まず一つ目はチャートですよね。

これなしでは話になりません。

とはいえ、チャートといってもチャート分析に使うテクニカル指標はめちゃくちゃたくさんありますよね。

なので、はじめは一番スタンダードな移動平均線を使用されることをオススメします。

移動平均線の見方としては、まず短期と長期の移動平均線を設定します。

期間としては5日間と13日間を設定しましょう。

この移動平均線の細かい見方は色々あるのですが、基本は移動平均線の向きと、短期と長期の移動平均線のクロスの仕方です。

移動平均線が向きは相場の方向性を示しています。

また、短期が長期を上抜けした場合は上昇相場、逆にした抜けしたときは下落相場に転換するというシグナルになりやすいです。

もちろん、実際に注文を出す場合には、移動平均線のサインどおりに相場が動いているかどうかを確認しましょう。

動いているなら流れに従って注文を出すということです。

ただ、これは簡単に見えますが、実際やってみるとかなり難しいです。

なので、最初はいきなり注文を出すのではなく、実際にどのように相場が動いているかを眺めるようにしましょう。

みてるだけなので、利益はありませんがリスクもありません。

ですが、チャートを見続けていけば、なんとなくこのように動くといったチャートのパターンをつかめるようになるんですよね。

それで実際注文したらどうなるか、どこで利益を確定するか、どこまで損をしたら損切りをするか。

そういったことを考えながら、チャートを見ていけば、上達も早いです。

で、日経225先物をやるためには、チャートだけではありません。

やはりチャート外の情報にも注意を払いたいところです。

その中でも特に注意すべきなのは、日本の経済指標と前日のダウの値動き、そして、シンガポール市場での日経225先物の寄り付きですね。

これらがその日の日経平均株価や日経225先物の価格の動きに大きく影響を与えることがあります。

どのような場合にどう動くかというのは一言ではいえませんが、
経済指標が悪かったり、ダウがマイナスで終わっていたり、シンガポール市場の寄付きがマイナスで始ったりすると、日経225先物や日経平均株価もやはりマイナスに動きやすいというのがあります。

日経225先物取引を始めるには?

日経225先物を始めるためには、やはり口座開設というものが必要となります。

取り扱っている業者はたくさんありますが、やはり手数料が安く、しかもシステムがしっかりしているものがいいですね。

そういう点から考えると、今、日経225先物取引をやるのに一番最適な業者は「マネックス証券」ですね。

ここは日経225先物に力を入れているだけあって、
手数料が安いのもありますし、なにより取引ツールが優れています。

基本のチャート分析ツールや情報ツールはもちろんのこと、システムトレード用のツールまであります。

初心者からベテランまで満足できるシステムですね。

なので、ここで日経225先物の取引に慣れておけば、他の口座を開設しなくても大丈夫って感じの業者ですね。

ぜひ、口座を開設して、実際の取引に触れてみてください。

ただし、先ほどもいいましたが、いきなりリアルでやるのではなく、納得いくまで自分の中で検証を重ねてから、実際のお金を使うようにしてくださいね。

スポンサーリンク
オールウイン・レクタングル大(336x280)
コメントの入力は終了しました。